私的整理ガイドラインとはどのようなものですか。

私的整理ガイドラインとは、全国銀行協会や日本経団連、学識経験者が中心となった「私的整理ガイドライン研究会」が作成したもので、多数の債権者との間で公平、公正な私的整理を実現するためのルールです。私的整理ガイドラインは、金融機関からの借入債務の返済条件の変更(リスケジュール、いわゆる リスケ)や債権免除などの支援要請を含む事業再生計画を作成し、メインバンクと債務者が連名で対象債権者となった金融機関に一時停止通知を発送して事業再生計画を共同提案し、債権者会議での債務者の財務状況の説明や事業再建計画の説明などを行って第2回債権者会議において対象債権者全員が事業再建計画に同意すると成立することになっております。この私的整理ガイドラインは主として大企業を対象としており、また、メインバンクの協力が不可欠であること、事業再建計画が対象債権者全員の同意を取り付けられない場合には破産申立をすることになっていることなどから、中小企業の企業再生・事業再生には利用されていません。

早期の対策が重要です。まずは一度ご相談ください。

企業再生110番:0120-033-972(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944まで

無料法律相談のメールでのご予約は24時間受付