第二会社方式による事業再生プランですが、新会社は採算事業の譲渡代金をどう調達するのでしょうか。

一般に、成立したばかりの新会社に対して金融機関は融資をしてくれません。しかし、第二会社方式での事業再建プランで新設する新会社は既存の採算事業を元の会社から譲渡を受けることになるので、金融機関は全くの新会社との見方はせず、いわば採算事業だけに取り組んでいる旧会社と同等の評価をしてくれます。第二会社が受け継いだ採算事業に基づく経営計画・事業計画が金融機関によって評価されれば、金融機関は融資を実行してくれます。もっとも、第二会社の代表者や株主が旧会社関係者であるなどの場合には金融機関が融資してくれないこともあります。

早期の対策が重要です。まずは一度ご相談ください。

企業再生110番:0120-033-972(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944まで

無料法律相談のメールでのご予約は24時間受付