私ども弁護士法人泉総合法律事務所と久徳会計事務所による企業再生・事業再生プログラムは、中小企業再生支援協議会の取り組みと比較して、どの点が異なりますか。

私ども弁護士法人泉総合法律事務所と久徳会計事務所では、中小企業再生支援協議会のように大半が相談だけで終わることはなく、中小企業の経営者様のご依頼があれば企業再生・事業再生に向けての具体的取り組み(中小企業再生支援協議会における二次対応に相当)をしております。
中小企業再生支援協議会での二次対応では、その都度、税理士、会計士、中小企業経営診断士、弁護士などの専門家からなるチームを編成して再生に取り組む仕組みとなっておりますが、私ども弁護士法人泉総合法律事務所と久徳会計事務所ないし顧問税理士事務所という固定したメンバーで取り組むことにしており、その結果機動的な対応ができる体制となっております。
企業再生・事業再生への具体的取り組みの内容に関して言えば、中小企業再生支援協議会での二次対応は聞くところによれば、経営改善計画の作成と金融機関の借入債務の返済条件の変更、すなわち、リスケジュール(リスケ)が大半で、第二会社方式による事業再生はあまりないようです。
これに対して、私ども弁護士法人泉総合法律事務所と久徳会計事務所ないし顧問税理士事務所では、抜本的な企業再生・事業再生、過剰債務の解消を目指して、第二会社方式による事業再生を当初から目指して取り組んでいく方針としております。第二会社方式による事業再生が困難な場合において、リスケに取り組む方針としております。

早期の対策が重要です。まずは一度ご相談ください。

企業再生110番:0120-033-972(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944まで

無料法律相談のメールでのご予約は24時間受付