金融機関が見る財務指標② 自己資本比率

金融機関が企業の財務状況、経営状況を見る財務指標として、自己資本比率というものがあります。この自己資本比率とは(自己資本÷総資産)×100(%)で計算される経営指標です。自己資本とは企業設立時の資本金に加え、開業以来の利益の累計(繰越利益剰余金) などで貸借対照表に記載されている「自ら調達した資金の量」のことです。自己資本が企業全体の財産(総資産)に占める割合が大きいということはそれだけ他者資本に頼らずに事業を継続していることとなり、金融機関にとっては安全性が非常に高い会社という判断になります。つまり融資を受けやすくなるということです。業績悪化により開業以来の業績が赤字となっている場合は、自己資本比率は大幅に悪化していることにななりますので、企業再生・事業再生計画においては、積立金の取り崩しや不要資産の売却など、単に損益の改善にとどまらない、自己資本比率の改善も念頭においてプラン作成を進める必要があります。

早期の対策が重要です。まずは一度ご相談ください。

企業再生110番:0120-033-972(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944まで

無料法律相談のメールでのご予約は24時間受付