特別清算

株式会社が清算中であり、会社が清算の遂行に著しい支障を来すべき事情があるか、債務超過の疑いがある場合に清算人の申し立てにより開始される清算手続きをいいます。特別清算手続きでは、清算人が清算業務を行うとともに、債権者への弁済条件を定めた協定案を作成し、債権者集会で、協定案が可決され、裁判所に認可されると、債権者との協定に従って、清算人が債権者に配当を行って清算を行います。特別清算は多くの場合、大企業が債務超過に陥った子会社などを清算する場合に利用されます。また、私ども弁護士法人泉総合法律事務所と久徳会計事務所の企業再生・事業再生プログラム、金融円滑化法終了対策にて、第二会社方式を採用して企業再生・事業再生に取り組む場合に元の会社が金融機関などに対する債務を清算する場合に用いられます。

早期の対策が重要です。まずは一度ご相談ください。

企業再生110番:0120-033-972(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944まで

無料法律相談のメールでのご予約は24時間受付