会社更生

会社更生とは、会社更生法に基づき、株式会社の企業再生、事業再生を図る手続きを言います。
会社更生法とは、経営難に陥った株式会社について、会社再建、会社再生、事業再生のための更生計画を裁判所によって選任された管財人が策定し、その更生計画を遂行することで、債権者、株主その他の利害関係人の利害を適切に調整して、その株式会社の再建再生や事業再生を図る手続きを定めた法律です(会社更生法第1条参照)。
会社更生法の適用対象は、同じく再建型法的処理である民事再生法とは異なって、株式会社に限定されます。また、民事再生法では、従来の経営陣が退任することなく経営に携わって民事再生計画の遂行に取り組むことができますが、会社更生法では従来の経営陣は退任し、管財人が更生計画を遂行することで株式会社の再建、再生を図ることになります。さらに、民事再生法では、抵当権などの担保権は制約されることがないため、担保権者との間で別除権協定を締結する必要がありますが、会社更生法では担保権の行使が制限されます。もっとも、会社更生法を利用できるのは民事再生法と同様、多額の予納金を要することから、大規模企業に事実上限定されます。

早期の対策が重要です。まずは一度ご相談ください。

企業再生110番:0120-033-972(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944まで

無料法律相談のメールでのご予約は24時間受付