プロパー融資

プロパー融資とは、信用保証協会の保証が付かない融資を意味します。プロパー融資では、信用保証協会という公的機関の保証が付かないことから、金融機関は企業に融資するときに、その企業の財務状態、経営状態、貸付債権に担保や保証がついている場合には担保や保証によって貸付債権がどのくらい保全されているかなどを判断材料として、貸し倒れの危険性可能性を織り込んで、貸倒引当金を計上しなければなりません。また、貸出先の企業が3か月以上返済を遅延した時には貸付先企業の債務者区分を正常先や要注意先(その他管理先)から要管理先、破綻懸念先、実質破綻先に格下げして、格下げした債務者区分に応じた貸倒引当金をさらに積み増ししなければなりません。貸倒引当金を計上することによって金融機関の収益が低下することから、金融機関は一般的に見て貸倒の懸念がある中小企業に融資する場合には、信用保証協会の保証付きの融資を優先し、プロパー融資に対しては慎重な姿勢を取っています。当弁護士法人泉総合法律事務所と久徳会計事務所は協同して、金融機関に対する過剰債務問題を抱えている中小企業のために、中小企業円滑化法終了対策、企業再生・事業再生プログラムに取り組んでおります。是非ともご利用ご活用のほどお願い致します。

早期の対策が重要です。まずは一度ご相談ください。

企業再生110番:0120-033-972(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944まで

無料法律相談のメールでのご予約は24時間受付