時価会計

時価会計とは、会社の財務諸表に記載された財産を一定時点において、再評価する会計手法のことです。再評価とは、ある時点でその財産がいくらで換金できるかという「時価」で財産の価額を修正することです。中小企業の会計においては、兼ねてより税務上の取り扱いに合わせる程度で実務の煩雑さを考慮して多くの財産は取得時に取得原価で計上したままといったケースがほとんどです。中小企業金融円滑化法が終了し、金融機関に対しての新たな対応がクローズアップされている中で、時価会計を導入した貸借対照表の作成は、私ども弁護士法人泉総合法律事務所と久徳会計事務所が協同して取り組む中小企業金融円滑化法終了対策、企業再生・事業再生においては今日においては必須の手続きであるといえます。

早期の対策が重要です。まずは一度ご相談ください。

企業再生110番:0120-033-972(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944まで

無料法律相談のメールでのご予約は24時間受付