損益計算書

損益計算書とは、企業のある一定期間における、売上から原価、経費を差し引いた利益を表す計算書類のことです。売上が多くてもそれ以上の経費がかかっていれば事業として成り立たないため、あらゆる企業活動から発生する収益費用を網羅することで、その企業が正味利益を創出できているかどうか(フロー)を読み取ることができます。損益計算書で示された利益(損失)は貸借対照表へ組み込まれる仕組みとなっており、企業の累計での財産価値の増減に影響を与えます。
対外的には、どれだけのもうけを生み出しているのか、という企業の活動力を表示しているとも言えることから、取引先においては商売の信用力の検討材料として、金融機関においては企業の将来性やブランド価値の判定材料として重視されます。

早期の対策が重要です。まずは一度ご相談ください。

企業再生110番:0120-033-972(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944まで

無料法律相談のメールでのご予約は24時間受付