キャッシュフロー計算書

キャッシュフロー計算書とは、企業の一定期間における現金資金の流れ(フロー)を表す計算書類です。通常決算で作成される貸借対照表・損益計算書と合わせて、企業の実態を把握するために重要な書類として扱われています。とりわけ金融機関においては、一定時点の財産価値(ストック)を表す貸借対照表より、事業活動を通じてその企業がどれだけのキャッシュ(=返済原資)を生み出す力があるのかを示すキャッシュフロー計算書を重視する傾向にあります。企業再生・事業再生プログラムでは、単なる損益ベースの事業計画にとどまらず借入金返済計画を含め、キャッシュフローベースで実現可能性の高い計画作成のお手伝いをしております。

早期の対策が重要です。まずは一度ご相談ください。

企業再生110番:0120-033-972(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944まで

無料法律相談のメールでのご予約は24時間受付