DES

DESとは、デットエクイティスワップ(Debt Equity Swap)の略称です。日本語では、「債務の株式化」とも呼ばれています。
DESは金融機関の過大な借入債務を軽減する手法で、金融機関からの借入債務(Debt)を借入先企業の株式(Equity)と交換する(Swap)ものです。
具体例を挙げて説明すると、金融機関が企業に1000万円を融資していた場合に、その企業が金融機関に1000万円を返済する代わりに1000万円に相当する新株を金融機関に割り当て発行して増資することで1000万円の融資を返済して債務を株式に変換する手法がDDSです。これによって、企業は金融機関に対する1000万円の借入債務が減少し、代わりに返済義務のない資本が増加することでバランスシート、財務状態が改善され、自己資本比率が向上します。
金融機関にとっては、企業が債務超過になった場合に不良債権処理として、債権放棄をしたり、サービサーに債権譲渡をすることが考えられますが、債権放棄や債権譲渡をすれば、多額の損失が発生します。これに対して、DESでは、不良債権を株式に変換することになり、損失は発生しません。もっとも、その企業の業績が悪化すれば株式の価値が下落して金融機関には会計上損失が発生します。しかし、逆にその企業の業績が向上すれば株式の価値が上昇し、金融機関には会計上は利益が発生します。その企業が上場していれば金融機関は株式を売却することで譲渡益を得ることができます。DESで金融機関が取得する株式は売却できるものでなければ利益を現実化できないことから、DESを金融機関が実施する企業の大半が上場企業か株式上場が見込まれる企業に事実上限られると言えます。。

早期の対策が重要です。まずは一度ご相談ください。

企業再生110番:0120-033-972(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944まで

無料法律相談のメールでのご予約は24時間受付