民事再生

民事再生とは、金融機関からの借入債務だけでなく、取引先などへの支払い債務など会社の債務すべてを対象として、再生計画を策定して、その再生計画において、一定割合での債務免除を受け、残債務を最長10年間で分割返済する企業再生の法的手段です。
裁判所が関与する法的手法であるため、手続の公平性、中立性、透明性が確保されます。
リスケのように金融機関から借入債務だけを対象とせず、全債務を対象として一定割合での債務免除を受けること、民事再生は倒産の一類型とされていることから、企業イメージの低下、得意先や仕入れ先との取引を継続してもらえないリスクがあります。再生計画が認可されて一定割合での債務免除を受けるには、債権者数の過半の賛成と債権額の過半数に上る債権者の賛成を要件としているため、これら過半数の賛成が得られない場合には、裁判所は職権で破産手続に移行することになります。
このような民事再生のメリット、デメリットを踏まえて、リスケもうまくゆかず、第二会社方式もとれない場合において最後に検討する法的手段と言えます。

早期の対策が重要です。まずは一度ご相談ください。

企業再生110番:0120-033-972(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944まで

無料法律相談のメールでのご予約は24時間受付