ファイブフォース分析

事業構造分析の一つで、業界の収益性を決める5つ競争要因から事業構造を分析する際に、よく使われるフレームワークです。この分析は、業界を取り巻く関係者を包括的に分析し、その業界の収益性や業界の魅力度、将来性等を考察するためのツールです。分析にあたり、

  1. 参入障壁の高低
  2. 代替品(サービス)の存在や脅威
  3. 業界内の競争の激しさ
  4. 供給業者の交渉力の強弱
  5. 顧客(買い手)の交渉力の強弱

これら5つの観点から分析を行います。5つの分析を自社の内容に当てはめて「中小企業再生への経営改善計画」の作成に役立たせます。ファイブフォース分析は業界全体の魅力度の大枠を構造的に知るために有効なツールです。「中小企業再生への経営改善計画」の売上・費用の予想計画や異常値の発見にも役立ちます。また、今後の戦略的方向性を立案するのにも有効です。ただし定量的な分析ではないため、この分析結果が絶対ではありません。そのため、個々の企業内部環境を十分に踏まえた業界分析をすることが重要になります。

出典:「競争の戦略」ME.ポーター著ダイヤモンド社(1982)より編集

早期の対策が重要です。まずは一度ご相談ください。

企業再生110番:0120-033-972(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944まで

無料法律相談のメールでのご予約は24時間受付