内部環境分析

外部環境分析を行った後に、内部環境である自社の分析を行います。内部環境分析の目的は、将来の売上・費用の計画予想をするために、自社の強み(競争優位性)及び弱み(経営課題)を把握することです。分析には大きく分けて、定量分析、定性分析の2つに分けられます。

早期の対策が重要です。まずは一度ご相談ください。

企業再生110番:0120-033-972(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944まで

無料法律相談のメールでのご予約は24時間受付