バリューチェーン分析

この分析は、定性分析の一つで、その企業が提供する製品・サービスの川上(企画開発・購買等)から川下(販売・アフターサービス等)までのどこで付加価値または競争優位性を生み出しているかを分析するためのフレームワークです。企業活動を五つの主活動「購買物流」、「製造」、「出荷物流」、「マーケティングと販売」、「サービス」と、これら主活動をサポートする4つの支援活動「全般管理(財務、法務、情報サービスなど)」、「人事・労務管理」、「技術開発」、「調達活動」に分解します。事業を個別の価値活動に分解し、それぞれの付加価値とコストを把握して、各活動が最終的な価値にどのように貢献しているのかを明らかにすることで 競争優位性の源泉を探していきます。どの活動が重要で、競争優位の源泉になっているかは、各企業や業界によって異なってきます。それぞれの企業が、どの価値活動に重点をおいていくのかを検討し、戦略を立てていきます。

【バリューチェーン】

(ポーター、1985邦訳、P49、図価値連鎖の基本形より)

早期の対策が重要です。まずは一度ご相談ください。

企業再生110番:0120-033-972(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944まで

無料法律相談のメールでのご予約は24時間受付