SWOT分析

定性分析の一つで、強み(Strength)、弱み(Weekness)、機会(Opportunity)、脅威(Threat)の4つの視点から、自社を取り巻く外部環境(経営を取り巻く環境)と内部環境(経営資源)を分析し、自社のとるべき経営戦略経営計画を考察する手法です。外部環境では、競合企業、顧客・取引先、新規参入業者等の状況を分析し、今後の事業活動においてのプラス要因(機会)・マイナス要因(脅威)を把握します。内部環境では、バリューチェーン分析で述べた視点から自社の強み(競争優位性)・弱み(経営課題)を認識します。ただし、機会と脅威、強みと弱みは表裏一体であり、特に外部環境における脅威は自社の強みにより機会となり得、機会は弱みによって脅威にもなり得る点を留意する必要があります。逆もまた然りです。SWOT分析において経営戦略の策定をする場合には、上記の点にも留意し、何度も検討を重ねて経営戦略を練り直す作業が必要になってきます。

(1)自社の強みを活かし、強化する。

市場の機会に対して自社の強みを活かす、あるいは市場の脅威を自社の強みによってものにする(または回避する)ことは可能かまた自社の強みを活かして他社の弱みを攻撃することはできないか、といった視点で戦略を策定します。

(2)自社の弱みを克服し、補完する。

自社の弱みを克服することによって、市場の機会をものにできないか、また、自社の弱みによって脅威となっているものを弱みとして克服することで回避できないか、あるいは、自社の強みを活かして、弱みを補完できないかといった視点で、戦略を策定します。

SWOT分析
自社(内部環境) 強み(Strength) 自社が、他社よりも優れた・勝てる・得意なところは何か?
弱み(Weakness) 自社が、他社よりも劣った・負ける・苦手なところは何か?
市場(外部環境) 機会(Opportunity) 自社にとって有利な・安全な・役立つ市場の変化は何か?
脅威(Threat) 自社にとって不利な・危険な・負担増となる市場の変化は何か?

早期の対策が重要です。まずは一度ご相談ください。

企業再生110番:0120-033-972(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

フリーダイヤルが繋がらない場合は 03-6263-9944まで

無料法律相談のメールでのご予約は24時間受付